忍者ブログ
    現在あまり活動がアクティブではないながら、密かに復活をもくろむ都内アパマンハムの日記のような記録です。目指すは本格的なCWデビュー。そのためには…ということで日々モールスの聞き取り&送信練習中。ホームページもよろしくおねがいします。
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    このところすっかりと遠のいていたアマチュア無線の世界。

    年間購読しているCQハムラジオも机の上に積ん読状態。

    それを久し振りに取り出して読み始めたら、「へぇ!」と思わず声を上げてしまいました。

    数年前まで同じ職場で一緒にお仕事していたTさん。マチュア無線の免許をお持ちだったのですが、仕事が忙しくあまりアクティブではないご様子だったのが、転勤を機に一気に「超」アクティブに。アパマンでHFのホイップアンテナ2本という設備ながら、なんと99日間で100エンティティを達成!そして、その後短期間に200エンティティを!

    驚きました。

    こういう記事を読むと、いてもたってもいられなくなります。

    数年前に引っ越してからHFの環境はあまり良くなく電波を出せずにいたのですが、ここは一つ、工夫して頑張ってみようかな…、あるいは、CWも本格的に訓練しようかな…と思うコトしきり。

    来る2016年は無線への本格復帰を目指そうかなと密かに思っています…。と、毎年思っているような気もするのですが…今回は刺激を受けました。Tさん、ありがとう!


    PR
    ついに達成しました…って、大した話ではないのですが。

    JARLの主催するQSOパーティー、いわゆるニューイヤーパーティの干支が揃ったのです。

    無線家である皆さんご存じのように毎年1月2~3日に行われるコンテスト。20局とナンバーを交換すれば、希望者にはその年の干支のシールがもらえ、それを12枚種類集めると有料で盾がもらえるというものです。

    コンテストそのものは非常に簡単なものなのですが、いかんせん、12種類の干支を集めるというのは大変です。12年連続できればいいのですが、1回でも逃すと、その後12年後まで同じ干支は回ってきませんから…。というわけで、お正月に忙しい方などは一生かけて目指すアワードかもしれません。

    思い返せば2001年前、初めてチャレンジした年は免許をとって最初の正月でもあります。当時マッチングのとれていないHFアンテナで呼んでも叫んでも誰も答えてくれず…交信数「0」という結果でした。今考えても恥ずかしい…。

    次の年からはVHF&UHFでチャレンジしたのですが、ビルの谷間の我が家からは電波は飛ばず、2日間かけてやっと20局達成という有様。それが数年続きました。

    しびれを切らし、無線のためにロケーションの良い場所に引っ越し!住宅ローン、大変です。(これだから無線家は無銭家になってしまいます)

    でも、これが効を奏し、「CQニューイヤーパーティー」と叫んでいる局に声をかければ、必ずとってもらえる喜びをかみしめます。

    そしてここ数年、自分からCQを出し始めると20局は1時間ちょっとで達成できるようになりました。

    こうして12年を振り返ってみるとまさに自分史。自分自身の無線スタイルの変化を感じます。短いようで長い12年でした。

    と、まぁ、偉そうに振り返っていますが、実は当局のHPやブログをご覧の方はご存じのように、近年アクティビティは大幅に低下。仕事が忙しくって…と言い訳の毎日。たまに実家に帰省したときにHF運用をする以外、東京ではほとんど電波を出さない状態が続いていました。

    それでも無線の事は気になり、毎年のQSOパーティーにだけは参加。そのたびに「今年は本格復帰したいなぁ…」と思うのです。そう、続けたいというモーティベーションを最低限維持するには最適なイベントだったんです。このイベントがなければ東京では無線機に火をいれるなんてことはなかったでしょう。JARLに大感謝です。考案した人、素晴らしい!!

    来年以降どうしようかなぁ…と考えます。CWデビューを密かに目指している中で、CWでの新たな12種類の干支達成を考えてもいいかもしれませんねぇ。






    合調音法、賛否両論あります。CWを実際に始めたい方にはバツ。国家試験対策にはマルと言われています。

    Bは「-・・・」だから「ぼーたたき」

    Xは「-・・-」だから「えっくすれー」

    という語呂合わせの覚え方ですね。「とっかかり」としては、とにかく是が非でも覚えたいという場合には便利。国家試験対策として最も簡単。ただ、実際のCW運用のときにはこれがスピードアップの妨げになるのも事実。だから、音感法で直接音を覚えましょう…となるわけです。

    で、CW運用を現在目指して練習中の自分。音を聞くとやっぱりまず単語に置き換えるクセが抜けません。でも、まぁ、1分間に80文字くらいはスピードで行けるのですが、問題が…。聞いてもさっぱりという音の一群があるんです。

    そう、試験には出なかった符号類。これは参ります。で、音だけで覚えようとするのですが、年を重ねてくるとなかなか…。やっぱりとっかかりとして合調音法があればなぁ…となるわけです。

    ところが、ちょっと調べても、アルファベットや和文の置き換え単語は見つかっても、符号はなかなか。

    そうなると自分で作るしかない!そういうことで以下、ご紹介。

    は「・・--・・」だから「それどーゆーこと?」(文字通り!)

    は「-・・-・」だから「スーララスーラ」(スラッシュだから…!?)

    は「・-・-・-」だから「やめーやめーやめー」(止めですねぇ)

    は「--・・--」だから「やーやーコ(ン)マそーにゅー」(これは無理矢理…)

    訂正符号は「・・・・・・・・」だから「まちがいこめんね」(心から謝りつつ…)

    と、まぁ、こういう語呂合わせは組み合わせあまた。皆さんご自分でしっくりいく形に作り替えて使ってみてください。









    届いたGHDのパドル。美しい…。


    常に夢見ながら、まだ遠い夢として果たせないCWの「本格」デビュー。

    それに向かっての聞き取り&送信練習。日々の雑務に追われるとついつい休んでしまいがちです。

    そこで、形から入る事を考えます。そう、高価な道具を買って後に引けなくしてしまうこと!憧れだったエレキーのパドルを購入することにしました。デビューしたら買いたい!と思っていたのを先に買っちゃうんです。というわけで、昨日夕方、思いきってインターネットでGHDさんのページに入り、クリックしたら…。今日の昼過ぎには届いてしまいました。早い早い。びっくりです。

    製品は人気のGN507。21、500円なり。

    ヘソクリは消えていきましたが、いよいよ夢への第1歩という感じです。

    で、さっそく練習機に接続し指を動かしてみたら…。ああ、なんという気持ちの良いタッチなのでしょう。まだまだおぼつかないとはいえ、それでも、この確実なクリック感が心地良いのです。

    それに鏡面仕上げのなんて美しいことか…。眺めているだけでうっとりしますが、それじゃだめ。しっかり練習せねば。

    果たしていつデビューしますやら…。

    ところで、ストレート電鍵などは正しい打ち方の姿勢などがよく記載されていますが、エレキーのパドルはどうなんでしょう?ネットで検索していたらJA7ICさんのページが見つかりました。とても具体的に記載されており大いに参考になりました。OMに感謝です。ポイントとしては手を机にべったりつけず、小指だけで支える感じになるようですね。確かに、これが打ちやすい感じです。

    もう一つ、このページには左手で打つことのメリットが書かれていました。以前から迷っていたポイントですが、OMさんの一言で吹っ切れました。左手でやってみましょう。








    JA1AIM&JN4NQXのホームページ、四方山話のコーナー、今までHP上で展開してきましたが、これからはブログ形式にしたいと思います。

    とういわけで、今回からこちらに…。ただし、今まで通り、HPに適した内容であれば、HPにも書き込みますね。

    さて、ここしばらくそのHPの更新が滞っています。ご想像通り、無線機に向かう時間が殆ど取れず、半ば休眠状態になっていました。マイクに向かうのは実家に帰省で帰った時か、東京では新年のQSOパーティくらい…。

    それでも、無線の事が気になって、ずっとCQハムラジオ誌は年間購読をしています。

    せっかく昨年3月号で自分がインタビューされたというのに、こんな状態ではいかん!インタビューして下さったプロフェッサー水島さんに申し訳が立たない!!そんな気持ちもあります。

    で、しばらく前にずっと積ん読になっていたCQ誌、まとめて読み始めたのです。

    すると、離れている間にずいぶん、いろんな技術の発展があったんですねぇ。いやぁ、「今浦島」です。中でもCWの人気には驚きました。

    2001年に1級を取得した自分、せっかくモールスを覚えたからということで、実際にQSOをしたことが2度ほどあります。が、慣れないもので、いずれもラバースタンプですぐに撤退。残念な思いでした。

    で、やっぱり一時期は憧れたCW。どうしてもやりたい…と思います。CWならば出力もそれほど必要ないので、我が家アパマンハムのアンテナでもどうにかなるような気もします。

    何よりも50歳を過ぎてアルコール漬けの我が脳みそ。その活性化にも良いのではないでしょうか?(笑) そんな邪な思いからもCWに…と考えます。

    ただ、もともと試験対策で覚えたCW。1分60~80文字、つまり、10~15wpmくらいならばどうにか聞き取れるのですが、どうしても書き取りが癖になっていて、一旦書き取った文字を見て認識するという回路ができています。これは実際のCWでは実用的ではないですよね。まずどうにかしないといけないようです。そう、音を聞いて即、文字が頭に浮かび、できることなら単語単位でわかるようになりたい。

    でも、ありがたいものですね。今はそうした目的のための a1club などの良いサイトの教材があります。

    それを使って、ぼちぼち本格的に練習をしましょう!
    カレンダー
    07 2018/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    フリーエリア
    最新CM
    [12/07 JAIAIM&JN4NQX]
    [12/06 JP3AIM]
    プロフィール
    HN:
    JA1AIM & JN4NQX
    性別:
    男性
    自己紹介:
    2000年に開局。完全文系で理系音痴ながら、その後2001年には1級アマチュア無線技士の資格をとってしまいました。その記録をHPにて公開しています。アパマンハムですが、HF、V/UHFと幅広く出ています。実家、島根県江津市からも出ています。どうぞよろしくお願いします。
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    忍者ブログ [PR]